読みもの

手帳についている「ガントチャート」を使いこなそう!おすすめのアイデア6選

ガントチャート おすすめ

こんにちは。Satomi(@satomi_journal)です。

手帳についているガントチャートがなかなか使いこなせない・・・
どんな項目を書けばいいんだろう・・・

そんな風に思ったことはありませんか?元々はプロジェクトや生産管理の工程表として使われることが多かったガントチャートですが、実はガントチャートの活用方法ってとても幅広いんです!

そこで今回は、『ガントチャートを使いこなすためのアイデア』をご紹介します!今お持ちのガントチャートをもっと有効に使ってみたい!という方は是非参考にしてみてください !


複数の作業をマルチにこなすための管理に

プロジェクトの進捗管理

ガントチャートのスタンダードな使い方の一つが、複数のプロジェクトや作業をこなしたい時の進捗管理です。

予定は動きやすいものですので、変更することを考慮して進捗管理ができるよう事前にルールを決めておくと管理しやすいです。

例えば、こんなアイコンのルールを作ってメモすると進捗がわかりやすいかもしれません◎

  • 順調:〇
  • 遅れている:!
  • 完了:●
  • 先送り:▶︎
  • 委託:→○ など

家事にも

ガントチャート おすすめ▲家事用ガントチャート例

マルチタスクといえばなんといっても家事!
計画的に行いたいを毎日「○×チェック」して、実践の励みにしている主婦の方も多いようです!

項目例:

掃除、洗濯、炊事、買い物、庭や花壇の手入れ など 

項目数はご自身のペースに合わせて、都度柔軟に決めていくことをおすすめします。項目数を増やしすぎて疲れてしまった・・・なんてことも当然出てくるので、私の場合は都度自分のその時のペースを見ながら項目を変えています。

逆に「書き出した方がモチベーションがアップする!」「どんな家事があるのか全部書き出してみたい!」という時は項目数を細かく書き出してみてください。


自己成長のための管理

勉強計画に

資格取得や受験など、本番当日までの期間逆算して
計画的に勉強をしたい場合にもおすすめです。

続けたい習慣にも

ガントチャート おすすめ▲習慣トラッカー例

習慣形成にもおすすめです。
身につけたい習慣をガントチャートに挙げて「毎日○×チェック」や色づけをしておくと、モチベーションアップに繋がったり、自分のペースを知ることができます。

例:

ランニング、読書、ブログの更新、お弁当、筋トレ 他

ドットペンを使うと見た目にも可愛いです!

「できたねリスト」で習慣化!プレイカラードットの使い方アイデア『プレイカラードット』を使って、子どもと一緒に楽しく習慣化するコツをご紹介します!親子で楽しく可愛く習慣化したい方、小さなお子さんがいらっしゃる主婦の方、子どもに「早くやりなさい」とモヤモヤしてしまうお母さんにおすすめの記事です。...

確実にこなしていくことはもちろん大事ですが、できなかった時は都度心機一転イチから再スタートすれば大丈夫です!また、セットでやめたい習慣を加えておくのもオススメです。

例:

  • 電車でケータイをいじらない
  • やることを先延ばしにしない 他

三日坊主の方には、1週間毎の習慣トラッカーを使って後から月間ガントチャートに記録していくのも良いかもしれません。

ふせんシート(習慣トラッカー)こんにちは。Satomi(@satomi_journal)です。 今回は「ふせんシート(習慣トラッカー)」のリフィルをご紹介します。 ...

横書き月間スケジュール

イベントスケジュールやライフイベントの計画

スケジュールをガントチャートに書き込むのももちろんありです!

  • 行きたいイベントの開催スケジュール
  • 大会スケジュール
  • 家族親戚の冠婚葬祭
  • 結婚式の準備計画 他

健康管理

健康管理にガントチャートを使う方も多いようです。

例:

血圧測定結果、睡眠時間、服薬管理、出産準備のための健康管理 他

通院されている方は、合わせて通院スケジュールも書き込んでおくと健康管理しやすいかもしれません。

ガントチャート おすすめ▲体重グラフ例

毎日の体重を折れ線グラフにしておけば変化が目にもわかりやすいです。

経済の動向の記録に

為替や株のメモに

私は経済に疎いのですが、経済の動向(為替や株など)を自身の資産運用のメモとしてに
書き込んでおくのも面白そうですよ。

家計簿にも

ガントチャート おすすめ ガントチャート おすすめ

日々の収支、定期的な収支、貯金などの項目を書き込めば「かんたん家計簿」にもなります。

他の人のスケジュールを見える化

家族(配偶者、子ども、両親)や複数人のプロジェクトに関わる人たちがいる場合は、自分以外の人たちの予定を把握しておきたいこともあるはず。

やはり関わる人たちとうまく折り合いをつけながらスケジューリングしたいもの。他の人の予定も項目に加えてメモしておけば、お互いに予定も組みやすいですよね。

縦軸の自由度が高いガントチャートは、家族のために健康や栄養管理をしておきたい方にもオススメです。家族のスペースを作ってカスタマイズしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?
今回は『ガントチャートを使いこなすためのアイデア』をご紹介しました。ぜひご自身のペースに合わせて、楽しくアイデアを取り入れてみて頂けたら嬉しいです!

月間ガントチャートは、@satomi_journalのSTORE’Sで無料ダウンロードできます。


ABOUT ME
アバター
Satomi
Satomiです。これまで培ってきた「手帳術」のアイデアを集約して、楽しく自己管理する手帳づくりを後押しできるようなリフィルを配信しています!【メディア掲載】『ロイヒトトゥルム1917で楽しむバレットジャーナル』『とっておき輝くあの人の手帳ワザ』『夢を引き寄せる手帳術 vol.3』