└しゅうとも

3人きょうだいママの0歳育児日記の書き方

しゅうとも 育児日記 

はじめまして。しゅうとも(@shu0821tomo)です。

今年2019年3月に第三子となる息子を出産し、姉妹弟3人きょうだいの母となりました!
子育て、家事、仕事、自分のやりたいこと…多忙な中、ストレスを軽減させて生活をスムーズに回していくには私にとって手帳が欠かせないものとなっています。

そこで今回は『3人きょうだいママの0歳育児日記の書き方』と題し、私が取り組んできた手帳術をご紹介します!これから出産を迎える方のお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク


思い出せない…あの頃の記憶

手帳にはタスクや予定に加えて、あっという間に大きくなる子供たちの成長記録を書いています。とは言っても、実は『育児日記』と呼ばれるものを、末っ子長男が生まれるまで書いたことがありませんでした。

『初めて歯が生えた』『初めてのお熱』など親子の一大イベントについては、長女の時はかろうじて母子手帳に記録していたものの、次女は2人育児に追われて母子手帳への記録も忘れる始末。

そして後悔…あの頃次女はどうだったっけ?思い出せない…

最後の出産と決めて生まれてきた息子(4人目の計画はなし)!しっかり記録しておこうと決めました。

選んだノートは【365daysnotebook】

育児日記に選んだノートはスタロジーの365daysnotebook

  • 1日1ページで使える
  • 自由度が高い
  • 1年分のページ数
  • ページ左側に24時間バーチカル

という特徴があり、出産前の今年2019年1月1日から使い始めました。

記録が役立つのは出産から1ヶ月健診までの新生児時期

出産までの使い方

出産までは

  • 一日の行動記録
  • 姉妹のこと
  • タスク
  • メモ
  • 日記 など

自由なノート・手帳として機能していましたが、出産を機に息子の育児日誌となりました。

特に記録が役に立つのは出産から1ヶ月健診までの新生児時期。1ヶ月健診時には授乳や排便の回数など赤ちゃんの様子を聞かれます。

産後は出産による身体のダメージやホルモンの変化、そして昼夜問わずの授乳からともかく頭が働きません。すぐに忘れてしまうので記録しておくことで赤ちゃんの様子を把握しやすくなります。

陣痛から出産まで

私の育児日記は、陣痛が来たところから始まりました。出産当日(生後0日)に記録したことは以下の通りです。

出産当日(生後0日)の記録
  • 陣痛から出産までの様子
  • 病院のお食事
  • 思った、感じたこと

陣痛から出産までの様子の記録は次の出産時に役立つことがあります。産後少し落ち着いたら思い出せる限り書いておくといいかと思います。

次の出産の予定がなくても記憶が鮮明なうちに書いておくことで思い出として大活躍します。私は3度目の出産でも陣痛中は書く余裕はありませんでした。

 

内容はインスタグラムでも詳しくご紹介していますので、よかったら覗いてみてください!

退院までの病院での様子

生後1日目から4日目まで。私が入院していた病院では、経産婦は問題がなければ一日早めの退院ができたので、母子ともに問題なしで無事退院しました。

退院まで(生後1日目から4日目まで)の記録
  • 病院の食事→栄養士さんが考えられたメニューなので退院後、自宅の食事の参考にしようと全て記録しておきました。
  • 赤ちゃんのうんち・おしっこ・母乳・ミルクの回数や様子など
  • 困ったこと、感じたこと、思ったこと→産後は精神的に不安定なのでちょっとしたことでも落ち込みましたが、今となってはなんてことないと思える良き思い出に。

自宅に戻ってから

私は自分の両親と同居なので里帰りはありません。長女は小学生、次女は幼稚園生とそれぞれの生活があるので、ペースを崩さずに育児ができるのは同居の醍醐味。私も住み慣れた家で新生児のお世話ができるのは精神的に楽でした。

ただ自宅だとつい家事をしようと動いてしまうので知らず知らず無理をしていることも…床上げまではくれぐれも無理をしないでくださいね。

自宅に戻ってからの記録
  • 授乳・ミルク・うんちの様子→分かりやすく1日の回数をまとめておきました。
  • 自分の行動や様子
  • 気になったことなど育児メモ
  • 娘たちの行動記録
  • タスク

1ヶ月健診

1日に何回もある授乳の記録は簡略化するようになりました。
赤ちゃんのことで気になることを1ヶ月健診で先生に忘れずに聞けるようにメモしておきました。

 

いつまで続ける?育児記録…

細か目に書いてきた授乳、ミルク、排便の記録ですが、1ヶ月健診で順調に成長していたこともあり、生後87日(満3ヶ月になる数日前)でやめました。

私が住む自治体では4ヶ月健診があり、この時も授乳の回数を書く欄があったので、もう少し続けておけば良かったかなと後々思いましたが…

細かい記録をやめてからはバレットジャーナル(この365daysnotebookとは別のノートで行っている)に育児の様子も書いています。

 

小学生、幼稚園児、0歳児とそれぞれ生活のペースが違う子供たちとの生活は本当に1日があっという間に過ぎてしまいます。ゆっくり日記を書く時間が取れずに一日が終わることがほとんどなので、箇条書きでサクッとかけるバレットジャーナルで育児日記をつけるのは今のベストかなと思っています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、『3人きょうだいママの0歳育児日記の書き方』をご紹介しました。

ちなみに、8ヶ月健診の問診票には『首すわり』『寝返り』『おすわり』『ハイハイ』ができるようになった時期を書く欄がありました

色々なことが書かれているバレットジャーナルを見返していくのは検索効率が悪かったので、印象的なことだけでも育児日記として1冊にまとめておくのが良いのかも?と現在も試行錯誤しながら記録し続けています。

しゅうとも情報

育児のアレコレや、試行錯誤の記録をnoteでも発信しています!子育て中の皆さんの参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
しゅうとも
しゅうとも
7歳&5歳の姉ちゃん’sと平成最後の3月生まれ末っ子長男、3きょうだいの在宅ワーカーママ。2019年は手帳を使って家事育児を中心とした丁寧な暮らしを目指す。バレットジャーナルをメインに複数冊の手帳を使い分け中。◾︎しゅうともの記事一覧