└三条 時哉

「できたねリスト」で習慣化!プレイカラードットの使い方アイデア

はじめまして。時哉(@toki_sanjyo1012)です。
初めての記事では、皆さんご存じのプレイカラードットを使って、子どもと一緒に楽しく習慣化するコツをご紹介します!

この記事はこんな人におすすめです
  • 親子で楽しく可愛く習慣化したい方
  • 小さなお子さんがいらっしゃる主婦の方
  • 子どもに「早くやりなさい」とモヤモヤしてしまうお母さん

プレイカラードット同様、ドットが打てるタイプのペンでZIGクリーンカラードット』というものも出ています。どちらもスタンプのように押してイラストを描いたり、日々の記録のチェックをしたりするのに便利です!

 

スポンサーリンク


プレイカラードットの使い方アイデア

日本で先に発売されたのは、プレイカラードットです。こちらの商品は、スタンプした時に円(ドット)の大きさが変わらないハンコのようなペン先になっています。文字を書くペン先も0.3mmと細く、書きやすいです。

カラーバリエーションは12色です。

プレイカラードット

ペン本体の長さが短めのため、ペンケースに入れやすく、持ち運びや整理しやすいという点で使い勝手がとても良いです。

ペン先が細いため、つぶれやすいというデメリットもあります。あと、薄い紙だと裏抜けしやすいです。しかし、そこを除けば使いやすいペンだと言えます。

「できたねリスト」で子どもが自分から行動できるように!

私がこのペンをご紹介したのは、夏休みの始まった今、ぜひお子さんと一緒に使っていただきたいからです。私の子供はまた未就学の為、宿題等はありませんが、毎日、『できたねリスト』という物を作っています。(写真の表は、エクセルで作りました。)

  • ひとりで着替えができたらスタンプ1つ
  • ご飯をすべて食べれたらスタンプ1つ

のようにして一覧にして、百均のバインダーに挟み、机に広げて置いておきます。

子供はまだ読み書きできませんから、「○○ができた!」と報告を受けると、好きな色のペンを渡し、押していくようにしています。

カラフルなため、子供もスタンプが押したくて、できるだけ自分でなんでもするようになりました。私も習慣づけにハビットトラッカーのチェックに使っています。

このように、宿題の一覧を作り、進んだページの分だけスタンプを押すというようにしたり、お手伝いが出来たら押す。というように子供が楽しくなるアイテムとして、使ってみてはいかがでしょうか?

シールを使うのももちろんアリです。ただシールは買い始める「あれも欲しい」「これも欲しい」となってしまいキリがない・・・なんてこともあるのですが、その点プレイカラードットはコスパもよく気軽に使えて創造力も広がるのでおすすめです!

「できたねリスト」はこちらのガントチャートを使っても、気軽にお試しすることができます。

ガントチャート手帳リフィル無料配信サイト 
8月ガントチャート|手帳ダウンロード2019こんにちは。Satomi(@satomi_journal)です。 今回は「8月ガントチャート」のリフィルをご紹介します。 8月ガ...

親子でポンポンお絵描き

ポンポン押して、親子でお絵かきも楽しいですね。羊や、フルーツ、植物、簡単に書けます。夏休みの絵日記にも使えそうです。

プレイカラードット

公式HPではプレイカラードットを使った絵の描き方があります。参考にしてみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、プレイカラードットを使って、子どもと一緒に楽しく習慣化するコツをご紹介しました。できたねリストやイラストのアイデア、ぜひ、親子で挑戦してみてください。

それでは、暑さ対策忘れずに、楽しい夏休みをお過ごしください。

三条時哉でした。

 

ABOUT ME
三条 時哉
三条 時哉
初めましてこんにちは。時哉と申します。 主婦目線で子どもに関連した文具や、手帳術などをお届けします! 皆さんに楽しんでいただけるものを提供できるように頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。 ◾︎三条 時哉の記事一覧